ダイエットサプリメント

ダイエットサプリメントの選び方1

サプリメントを購入する時には、次の2点を特にチェックして選ぶようにしましょう。
一つ目は、「サプリメントに天然素材が使われているか、またその配合比率」、
二つ目は、「サプリメントが低温で製造されているか」です。
どういう事かと言いますと、サプリメントの良程度の判断において、最も理想的なのは、天然成分100%で清算されている事です。
しかしながら、コストパフォーマンスの都合等で、なかなかそういうものを購入する事は難しい状況です。
ですので、せっかく購入するのなら、なるべく天然成分を多く含んでいる物を選んだほうが良い訳です。
また、低温で生産されることで、サプリメントはその栄養成分を含有した状態で販売される事になります。
全ての栄養成分は、加熱する事で破壊されてしまいます。ですので、低温っで、大事に加工生産する必要があるのです。
なかなか低温で清算されているかまでは分かりづらいところですが、販売しているところで聞くなどして、なるべく低温生産している物を購入したいものです。
逆に、生産方法を説明できないところで購入する場合には、そこそこの効果を期待して購入するようにしましょう。
ダイエットに限らず、ダイエットサプリメントを購入する際には、しっかりと選んで、適した物を購入すべきです。
せっかくお金をかけて健康を良くしようと思うのですから、万が一でも体に悪影響があってはならない事ですよね。

選び方2

サプリメントを選ぶにあたって、いくつかのチェックポイントがあります。
一つ目に製造日、二つ目に体内で働く成文かどうか、三つ目に体に悪影響な物が含まれていないかです。
製造日を確認するのは、何でも同じだと思いますが、サプリメントも例外ではありません。まして、サプリメントは食品ですから、
製造日から古い物は食するべきではありません。
サプリメントが飛ぶほど売れているお店ならともかく、そうでない販売所の場合、倉庫にずっと置いてあった様なサプリメントを棚に並べることもあるでしょう。
しっかりと製造しているところであれば、必ず製造日か賞味期限が記載されていると思いますので、しっかりと確認して買う様にしましょう。
気になる方は、製造日の記載が無かったら買わない方が良いでしょう。万が一の事態を回避する為です。
また、サプリメントの中には、単体の栄養素の含有量を売りにしているものもあります。しかしながら、通常、栄養素は単体で効力を発揮するのではなく、
他の色々な栄養素と結びつく事で本当の効力を発揮します。
ですから、ある栄養素の含有量がたくさんあっても、望む効果が発揮されるかは不明なのです。
本当に良い配合とは、適度に色々な栄養素が入っている事です。
最後に、サプリメントは、天然成分だけで作られるに越した事はありませが、そうでない品種について、添加物を使用されています。
これらの添加物は、人体に有害と言う事はありませんが、結局は摂らなくても良い添加物を多く摂る事は、健康的とは言えません。
不要な添加物を沢山摂ることにならぬよう、少しでも添加物が少ない商品を選ぶようにしたいところです。

成分表示

サプリメントの選び方として、商品の成分表示を読むことが手っ取りいと思いますが、その見方をある程度知っていた方が、
より粗悪な商品を回避する事が出来るでしょう。商品の成分表示を見て判断出来るようになれば、ぐっと危険率は低くなります。
サプリメントの成分表示には、JAS法と健康増進法が適用されており、これに準ずるかたちで表示が成されているはずです。
JAS法の定めるところでは、加工食品の容器または包材に、その成分などを記載しなければなりません。
表示項目は、名称、原材料名、内容量、賞味期限、保存方法、製造業者等の氏名又は名称及び住所、です。
健康増進法の定めるところでは、当該食品の単位あたりの熱量(カロリー)、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウムの各量の5項目と、他に表示したい栄養成分を、この順番通りに記載すること、です。
これらの表示を出来る商品も決まっています。栄養成分の機能を表示できる食品は、ミネラル類5種類とビタミン類12種類のいずれかについて栄養機能食品の規格基準に適合したものであること、という基準があります。
また、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、規格基準の下限量と上限量の範囲内にあり、更に、当該栄養成分を摂取する上での注意事項を適正に表示すること、という基準も設けられています。
ちなみに、ミネラル類とは、亜鉛、カルシウム、鉄、銅、マグネシウムです。
ビタミン類は、パントテン酸、ナイアシン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸、ビオチンです。

トクホ

健康表示をすることが認められている食品の事を特定保険用食品と言い、略してトクホという言い方をします。
健康表示というのは具体的にどういうものかというと、高血圧の方、コレステロールが高めの方、血糖値が気になる方に適する食品やお腹の調子を整える食品、食後の血中中性脂肪を抑制する食品やミネラル吸収を補助する食品などを指します。
トクホのマークを目にしたことがある方は多いかと思いますが、トクホの許可を求める場合、ちゃんと体に対する効能があるかどうかが化学的に立証されている必要があるのです。国に対してその許可申請資料を提出し認められた場合に表示しても良いことになります。
申請する場合には、日本人を対象にしたヒト臨床試験を行わなくてはならないため、それにはコストがかかってきます。
そういったことから、商品化された場合には価格が多少高く設定されているようですね。
また、使用されている栄養素というのはトクホだから配合されているというわけではありません。
乳酸菌に対する健康表示が認められているヤクルトですが、乳酸菌が入っている食品は他にもありますよね。
そういった他のメーカーはトクホを申請していないため、健康表示がされていないのです。
元々食品の形をしていなければならなかったトクホですが、2001年の4月からははカプセルや錠剤であっても良いことになりました。
ダイエットサプリメントを購入する方もいらっしゃるかと思いますが、購入する際にはトクホのことを思い出してみましょう。

ダイエットサプリメントの酵素

酵素という成分はダイエットサプリメントなどに含まれていることが多いものです。
酵素というのはアンチエイジングにも関わりがあるものですが、3つの種類があります。
それが、消化酵素、食物酵素、そして代謝酵素であり、この種類からも分かるように、人間の代謝、消化に深くかかわっているのが酵素です。
摂取したものを消化するときに役立っているものですから、酵素が無ければ消化ができなくなってしまいますし、代謝がされないことになってしまいます。
人間にとって消化や代謝というのはなくてはならない機能ですので、酵素が無いと生存していくこともできなくなってしまいます。
消化酵素というものは、アミラーゼという食べ物から摂取したでんぷんをブドウ糖に分解するもの、リパーゼという脂肪を脂肪酸に分解するもの、プロテアーゼというたんぱく質をアミノ酸に分解するものなどを指します。
食物酵素というのは、果物や魚、肉、生野菜など、熱を通していない食べ物に含まれており、発酵食品であるみそや納豆にも含まれています。
最後に代謝酵素というのは、体内細胞に吸収された栄養を行き届かせる役割を果たしています。また、悪くなっている体の中を元に戻したり尿や汗の中に毒素を排出する役割も果たしています。
消化酵素が少なくなってしまうと代謝酵素が上手く作られなくなってしまいますので、病気や老化の原因となることもあります。
アンチエイジングや健康を維持するために大切なのが代謝酵素なのです。
食事の内容次第で消化酵素が浪費されるのを抑えることができますので、サプリメントなどを効率よくとりいれることをお勧め致します。